資料代行サービスの特徴

少子化が進み学校などはいかに生徒を増やすかということが課題となった今、魅力ある入学パンフレットを作ったり、学校説明会に足を運んでもらうために、凝ったパンフレットを作成したりと、広報に費やす時間が多くなったと広報関係者はおっしゃられています。

そんな中、少しでも時間を削減できる、資料代行サービスといったものが注目されています。

この資料代行サービスとは、こういった学校関係、特に受験などのための資料づくりから資料送付までの一貫の流れを請け負うことなのですが、先ほども述べたように、このサービスがなかった時代、どの学校も独自でこのような作業をしなければならなかったため、過大な時間を強いられていました。

資料作りは、受験要項など、いわゆる学校紹介パンフレットです。

どの学校もそれぞれの特徴をふんだんに記載し、いかに魅力的に相手に映るかといったことも踏まえながら作られていますが、そういったこともプロに依頼することにより、さまざまな経験上からより具体的な魅力のあるパンフレットを作ることができるのです。

関連書類を発送するにあたっても、あらかじめ発送先の名簿を渡しておくと、希望日に的確に送付していただけ、なおかつ資料を保管するスペースもいらないため、学校側としては一連の作業に大幅な時間を取られることもなく、受験に関わる作業を減らすことができます。

メリットが多いこの資料代行サービスは今もっともニーズがあり、定期的に継続依頼されることが多いため、サービスを提供する側にも良い企画なのです。