海外在住者専用のお仕事

海外ブランド品を取り扱うネットショップが、多く存在します。

どこのショップも、少しでも安価にクライアントに提供できるよう、試行錯誤しているようですが、今はこのビジネスモデルも一昔前とは大きく変化しています。

それは、海外へ商品の買い付けをしていない点です。

誤解を招いてはいけませんので、補足説明させていただきますが、個人でショップ経営されている場合、そのショップオーナーが海外へ商品買い付けをして、それをクライアントに売るといったことが今までのやり方でした。

しかし、今は海外に在住している方に、SNSを通じて買い付け依頼を発信し、買い付けした商品を日本に送ってもらうといったやり方で、ネットショップでブランド商品を販売しています。

要はSNSを上手く使って海外在住の人を内職としてやとっているのです。

ジャストインタイムの発送代行

そういった経営方法は、日本でもクライアントに商品を安価に還元できるメリットがあるからこそ、実践されているのですが、それ以外にも、ショップ経営に携わる時間を有効に使えるというのも大きなメリットなのです。