選ばれる発送代行会社

選ばれる発送代行会社

企業が発送代行会社に依頼するとき、何を基準に選ぶのか比較してみましょう。

まず一番多いのは、一連の作業が依頼できる会社であること。

それは運送会社など発送配達管理会社ではないのです。

たとえばダイレクトメールなどの発送代行を依頼するとき、ダイレクトメールそのもののデザインの依頼からできる会社を選びます。

デザインを提案し、それによってプロのデザイナーさんが作成、そして印刷まで施し、希望数を顧客あてに発送してくれる一連の作業ができる会社です。

そういった会社は、一連の作業を行なえる環境を整えていますので、独自で企業側がそれぞれの分野の会社に委託するよりもコストパフォーマンスが高いです。

次に一連の作業に加え、時間的な効率も求められます。

特にダイレクトメールなどは時事広告のことが多いわけですから、ゆっくりした対応であればそれくらい余裕を持って依頼しなければなりません。

なかなかそういうわけにもいかないのが現状でしょうから、いかにスピーディーに対応、そして作成、発送できる会社にニーズがあるのは当然でしょう。

DM封入やあて名作業

日常生活をしていると、毎日と言っていいほど郵便受けにはたくさんのDM(ダイレクトメール)が届きます。

一例としては、洋服店のセール案内や住宅展示場のオープン日などが記されたいわゆる広告的なものが多いですね。

そういったものは、ほとんどの企業においてとても重要な広報活動であり、よりたくさんの人々に情報を提供することによって、企業の売上や知名度が高く評価されるため、かかせないものです。

しかし、そういったDMが多ければ多いほど作成のために作業時間を費やさないといけません。

そのため企業側は発送代行業にその作業全般を委託することになります。

発送代行のページ

DMにつきものの封書やハガキの表書き作業なども、名簿一覧から代行していただけるのも便利でなりません。

こういったように、発送代行業は、単に配達物の管理だけではなく、製作からの管理を一連の作業としているところが多くあります。

そうすることにより、依頼する企業側にも価格面においてメリットがあるなどの場合があります。